すっかり、ブログが行ってしまいまして(毎度ながらですが。。)。4月から、新たな調査スタッフが加わり、事務所の方もバタバタとしておりましたが、GWも終わり、少し落ち着いてきました。
 さて、今年の4月に開催予定だった「離婚エキスポ東京」だったのですが、7月に延期になったようで、名称も「離婚フェスタ東京」も変更になったよう。離婚検討中、離婚調停中、離婚後の生活をスタートさせている等、離婚に関わる人を対象とした、離婚に関わるイベントのようなの。弁護士や離婚カウンセラーはもちろんの事、探偵や離婚後の住居探しの意味での不動産業や、インテリアデザイナー、金融機関、さらには占いや旅行会社までが出展するそう。こういったイベントは日本では初めてなので、どういうものかしら?!とても、興味があるのよね。

事務所のコーヒーメーカー(?!)が新しくなったの。
これで、お客さんに好みの味を選んでもらえるばかりか、緑茶、紅茶、ジャスミン茶まで選んでもらえるのよ。簡単で優れ物だわ。

 いつも通りですが、今年もあっと言う間に時間が過ぎ、もう1月末。年始のゆっくりスタートから、1月後半はバタバタです。そして、離婚に伴う子供の問題、親権問題の相談が立て続けで、「子供にとって離婚はどう影響するのか」という問題に改めて考えさせられる。離婚は子供にとっていい影響は及ぼさないけれど、夫婦仲が悪いなか離婚しない事が果たして子供にとって良いのか?親権は、当たり前のように母親がとった方が良いのか?意地になって親権をとって、経済的に厳しく精神的にピリピリした中での生活が子供の為になるか?と悩む女性の方もいたりして。
 でも結局、答えは誰も分からず、進むしかないときだってあるのよね。そうなったら、自分を信じるしかないのような気がする。

 年が明けまして、すっかり日が経ってしまいました。今年は、年末年始の休みが少しばかり長く、そのしわよせのせいか、仕事始めからバタバタしてしまいました。
 気づけば、1月も、もう半ば。こうやって、今年もあっと言う間に過ぎていってしまうのかしら。今年こそは、バタバタせず、もっとしっかりと1年間を過ごしたいものです。
ただ、初詣にひいた「おみくじ」。あろうことか「凶」だったのよね・・・。なんだか憂鬱な幕開けよね。
 何はともあれ、今年も宜しくお願い致します。

まさにクリスマス直前といった町並みよね。ピザ屋さんの配達なんかは、サンタクロースの格好になっているのだもの。今年はまだ見かけていないけれど、ヤクルトのお姉さんなんかもサンタの格好をしていたのを過去に見たような気もする。そう言ったサンタの格好でバイクを運転しているのだけれど、サンタ衣装って暖かいのかしら??と目にするたびに気になってしまうのよね。
そして、町中のクリスマスの飾り付けって早いところは11月からじゃない。10月31日のハロウィンが終わるとあっと言う間に変わっていたりして。昔はこういった町並みに何だかワクワクソワソワしていたのに、平然と時間の移り変わりを見てしまうようになったのは、いつ頃からかしら。

夫婦関係の今年の問題を少しでも年内中に整理しておきたい・・・。と思うのはよくある事。多くの人は、区切りを何となく意識してしまうものよね。年末ってまさに、そんな時期。上手くいってない夫婦問題の解決の為、家庭裁判所で調停を申し立てるというのも一つの方法。でも、年内中に申し立てたとしても初回は年明けとなるわよね。それでも、申立てるという事自体にも多少の勇気がいたりして、年明けから新規一転、解決に向き合うというのも悪くないわよね。そして25年1月1日施行で、少し手続法が変わるのよ。一つは、申立書が相手方にも送付されるようになるの。だから、あまり具体的に詳しい内容を各必要はないわよね。もう一つは、調停開始の初回のみ、申立人、相手方と揃って調停の説明を受けることなるの。だから、初期のみ相手と顔を合わせることになってしまうのよね・・・。

今年もあと21日。毎年ながら、1年ってあっという間ね。こうして気がつくと、人生もあと少し・・となっていくのかしらね。
この前、知人に「生まれる前に誰もがミッションを与えられている」とい話を聞いたの。そのミッションをクリア出来たか出来なかったで、次の生まれ変わりが決まるらしいのよ。こんなに、バタバタと日々が過ぎていっては、私のミッションが何であるか、クリア出来ているのか否か、まったく分からないわよね。ちなみに、その知人、夫婦になる人って前世で何らかの関わりがあった人だとも言っていたな。
何か運命的な話だけれど、では離婚する夫婦って、前世でどのような関わりあい方をしていたのかしら??

 注目していた高嶋さんの離婚裁判。先月、本当に決着し離婚成立。美元さんは、結局、控訴しなかったのね。多くの方が控訴すると考えていたようで、和解するにしても控訴したうえで和解金の金銭交渉に入るのでは?!と予測していたみたいよね。
こうなると、やっぱり「お金」じゃないと言う感想になってしまうわよね。「離婚したくない。離婚する理由がみつからない」と訴えたところで・・・。
結局、和解金も1億と請求していた5分の1にも満たない額のようだけれど、お互いに良い落とし所だったのよね。高嶋さんもこのまま離婚が成立しなければ、婚姻費用は払い続けなければいけない訳だし、のびれば和解金ももっと下がってしまうだろうしね。

やっと、闘いが終わった後、この2人はどうなっていくのかしら。楽しみね。

雑誌や番組のタイトルによく「○○赤裸々に語る」とか「赤裸々告白」なんていうのがある。私は、この「赤裸々」という言葉に弱い。「誰が」に関係なく、ついつい読んでしまったり見てしまったりするのだ。その結果、途中で読むのを辞めてしまったり、「・・・」という感想を抱く事も少なくなかったりする。告白する事柄だけがあって、心のどこかで飾ろうとして言葉を選んでいるように見えるケースって、何も伝わってこないし、何が言いたいのか分からいのよね。自慢したい内容ではなく、出来れば知られたくないような事柄を本心から語られてこそ、心うたれてしまうのよね。
 これって、本気でその事柄と向き合って、自分自身と闘って成長しないと出来ないことよね。私は、赤裸々に誰かに語るなんて言う強さがない未熟者。だからこそ、赤裸々に魅かれてしまうのよね。そして多くの人が、きっとそう感じてしるからタイトルにすぐ赤裸々をつけたがるのよね。

 事務所のお客様の声のタイトルに「赤裸々に語る依頼人達」なんてタイトルをつけたら、もっと皆見てくれるかしら。

 「今年も残すとこすところ、わずかとなりました」
といった、文頭をよく目にするこの頃。
何となく、年末になると今年1年を振り返りつつ、やり残した事に対して焦りを覚えてしまうもの。
毎年、年末につれて所在調査の問い合わせが増えてくるのも、この心理からかしら。
急にいなくなったとか、突然、返済が滞ったという事案より、ここ1年間、気になっていた、あの人を探そう!といった感じ。家出したままの身うちと連絡をとりたいとか、お金を貸したまま連絡が途絶えている人物から返済して欲しい等、年内にカタをつけて、新たな年を迎えようと思う気持ちの表れよね。
 そして、この人探しと同様に浮気問題を抱える人にとっても、年末の焦りはあるもの。浮気しているのか?していないのか?イライラして、疑心暗鬼になる自分自身にも嫌気がさして、とにかくこの状況を打破したい。そこに年末がせまってきたら、区切りがよい年内にスッキリしておきたい。なんて思うもの。おまけに12月は忘年会やクリスマス等、イベントが盛りだくさん。まさに浮気調査にはもってこいの月ってわけなの。
 そんな事情から、年末は浮気調査で大忙しな時期。ただ、今年に限っては微妙に空き日があったりするのよ。これって、どういう事かしら?とにかく、若干の空き日があるのだから、皆様、どんどん問い合わせて、調査をしちゃってよ。
 それからね、正直な話、浮気や離婚問題を年内にメドをつけようったって、そう簡単な事じゃないわ。心情的な問題も含め、長期戦で根気よく付き合う覚悟ないと。

 とにかく、年内、年明け問わず、皆様のお問い合わせをお待ちしております。

カテゴリー

ページ

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031