笑える離婚塾
離婚の種類
実録離婚冊子「笑えるリコン」
協議離婚
全離婚の90%を占めます。夫婦で話し合い離婚届を役場で受理されて成立します。
全体の90%と言えども、何の衝突もなく合意に達するケースは稀ですので、実情は親族等の第三者を交え、
お互いの妥協点を探し重ねた結果、協議離婚を成立させることがほとんどです。
協議に於ける最大の争点は親権や慰謝料、財産分与など子供やお金の問題が多いかと思います。

協議離婚であれば取り決めた事を「離婚協議書」として作成しておくことが望ましいでしょう。
実際には離婚協議書を作成しないで離婚を成立させるケースが多いのですが、取り決めた事が守られなかったら意味がありません。
特に金銭問題の、養育費・慰謝料分割など、離婚成立後も継続する内容に対しては約束が守られない事も多いのです。
離婚後の無用なトラブルをさける為にも、大事なことをきっちりと決め、協議書として書面に残しておきましょう。

さらにその内容を公証人役場にて「公正証書」として作成しておけば、万が一、支払いが約束どおり履行されない場合、
裁判を手間もなく、強制執行の手続きにより、相手方の資産を差し押さえる事が可能となります。

次は→調停離婚について
離婚の基礎インデックスへ戻る
浮気調査・離婚のご相談 045-663-5001

トップページ高橋はるかケース別浮気ブログ連動浮気調査について離婚の基礎知識 お問い合わせ会社案内個人情報
笑える離婚塾 浮気・離婚相談
©GK探偵事務所