笑える離婚塾
養育費
実録離婚冊子「笑えるリコン」
養育費について

養育費とは子供を養い、育てる費用です。
勘違いしている人もいますが、養育費は自分の子供に支払うお金です。離別した相手に支払うものではありません。
ですので、「養育費はいらない」「養育費は払わない」といった親の身勝手な発言は趣旨から外れています。
養育費の具体的な内訳として、「衣食住」「教育」「医療費」「過度の娯楽費」があります。
離婚後も親子の関係は続きます。
子供が成人するまで養育の義務(扶養義務)として養育費を払う事は最低限度の果たすべき責任です。
その養育費について取り決めなければならない事項を以下のまとめてみました。
養育費について決めなければならない事
支払額
 毎月の養育費の具体的な金額
 学齢が進むにつれ、教育費が上昇しますので、中学生・高校生の期間により金額を変動させる方法も考慮出来ます。

支払期間
 高校卒業まで、大学卒業までといった学齢で設定する方法や18歳、20歳までといった年齢で設定する方法もあります。

支払方法
 支払いが滞るリスクが無い、一括払いが可能であればそれに越した事はありません。
 しかし、多くは月々での支払いです。(一括ではないものの、初回にある程度まとまった金額を支払いケースもあります)
 養育費の支払いが滞って困っている人は、非常に多い為、必ず、公正証書にしておきましょう。

・支払先
 殆どの場合、銀行振り込みです。
 本来の意味を考えると、子供名義の口座へ支払う事が望ましいと思います。(支払う側の心理を含め)

離婚の基礎インデックスへ戻る
浮気調査・離婚のご相談 045-663-5001

トップページ高橋はるかケース別浮気ブログ連動浮気調査について離婚の基礎知識 お問い合わせ会社案内個人情報
笑える離婚塾 浮気・離婚相談
©GK探偵事務所