笑える離婚塾
離婚弁護士
実録離婚冊子「笑えるリコン」
離婚を弁護士に依頼する場合について
弁護士に依頼するとなった場合、数多くある弁護士事務所の選ぶ基準がわからないという方も多いのではないでしょうか。
一般的に弁護士の社会的信用は高く、弁護士に頼めば「安心、大丈夫」とお考えの方が多い様に思います。
語弊を恐れずに言うならば、弁護士も探偵業者と同じでピン切りです。
弁護士選びで失敗して、当然得られる結果すら得られなかったケースを何度か見てきています。
まずは親戚や知人などの知り合いから紹介してもらえる場合、紹介者を通じて弁護士を選んだ方がリスクは少ないかと思います。
そして、一番重要な事は、離婚事件を多く扱っている弁護士である事です。
離婚訴訟の豊富な弁護士は手続きにも慣れていて、多くの経験から適切なアドバイスが貰えます。
上記の方法を優先し、それでもなかなか見つからない場合、弁護士会に紹介してもらうのもひとつの方法です。
最終的な判断は、あなたと相性が合う弁護士の方が信頼関係も結びやすく、頼れる存在になるでしょう。

弁護士費用
着手金、報酬に関しましては、争う金額や実際に得られた金額、難易度によって異なります。
以前は、各弁護士会によって金額が定められていたのですが、現在では報酬規定が廃止された為、個々の弁護士によって異なります。
従って、依頼前にきちんと見積もりをしてもらい、いくつか検討する事をお勧めします。 例えば、子供1人で月々3万円の養育費、慰謝料200万円、財産分与200万円で成立した離婚の場合、

着手金は30万円が51%、20万円が24%
報酬金は30万円が30%、50万円が24%

弁護士費用が用意できないといった場合でも、「法律扶助制度」を利用を検討して下さい。
利用する際は、所得などいくつかの条件を満たしている事が条件となります。
立て替えられた金額は原則として毎月割賦で全額を返済する事となります。
離婚を弁護士に依頼する場合に料金
相談料金
 大凡15,000円/時間


依頼した場合の料金
着手金 ---- 依頼する時に支払う費用
報酬   ---- 解決した際に支払う費用
実費   ---- 交通費、印紙代など解決にかかる費用
日当   ---- 遠方へ出張する際にかかる費用になると子供自身の意思が尊重され、判断します)



離婚の基礎インデックスへ戻る
浮気調査・離婚のご相談 045-663-5001

トップページ高橋はるかケース別浮気ブログ連動浮気調査について離婚の基礎知識 お問い合わせ会社案内個人情報
笑える離婚塾 浮気・離婚相談
©GK探偵事務所